楽しいペット連れの旅行は事前準備が重要ですよ(^。^)

じゃらん ペット と一緒に泊まれるペンションやホテルはこちら!

ペットと一緒に旅行に行きやすい環境が整ってきましたね。 じゃらんでペットと泊まれる宿が増えています。

 

探し方は、じゃらん ペットのページがあります。 
例えばこちらです。 ⇒ 【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集

 

じゃらんならペンションも多く紹介されているので、車でペットと一緒に、伊豆や、軽井沢、長野、箱根、千葉、山梨、那須にドライブしながら旅行に行けます。ドッグランや、ペットと一緒の部屋で泊まれる所もあるので安心感がふえます。

 

少し前までは、ペットと一緒に泊まれるけど、部屋が別の所が多かったですが、今は一緒の部屋でペットと旅行を楽しめる所が多くなったので探しやすいです。 しかも、大型犬まで大丈夫な所が増えたのが嬉しいです。

 

でも、ペットと旅行に行きやすいと言ってもまだまだ犬限定で小型犬や中型犬までの所が多いので大型犬を飼っている人は少し選択肢が少なくなるかもしれません。 逆に大型犬でも大丈夫という所は、看板犬が大型犬の所もあるので好きな犬が一緒の時もあるので宿のオーナーと仲良くなれるかもしれませんよ。

 

 

犬と泊まれる宿ランキング

ペットと泊まれる宿を探せるサイトを紹介します。

 

気になったらチェックしてくださいね。

 

 

 

【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集

特徴!全国の犬と泊まれる宿を探せる!

 

ペットと泊まるなら必読!ドライブ&お泊りマニュアル

 

これで楽しい旅行になる事間違いなし!
1:全国の県別のペットと泊まれる宿が探せる 
2:旅を楽しむ為に!  前日までの準備編 
3:道中快適にする為に!ドライブ編 
4:宿を楽しむ為に!  宿マナー編 

 

お役立ち情報も満載!

 

大切なペットと一緒に外出できるなんて考えただけでも楽しい!
ワンちゃんとの楽しい思い出が出来る楽しい旅行をする為にも想定できる準備は必須ですよ。
詳しくは公式サイトを見てくださいね。


犬と泊まれる宿,犬と泊まれるホテル,ランキング,コテージ,

 

ペット泊まれる宿をゆこゆこで探す。

旅行を楽しみたいけれど、かわいいわんこは置いていけない。そんな、わんちゃん想いの飼い主さんにおすすめ。ペットと泊まれる宿をご紹介。愛犬と一緒の客室に泊まれたり、ペット専用の温泉がある宿などペットと泊まれるプランを厳選。


犬と泊まれる宿,犬と泊まれるホテル,ランキング,コテージ,

ペットのドライブは小まめに休憩を心がける

ペットとドライブを楽しむ時は小まめに休憩を心がけてくださいね。

 

車良いしにくい犬でもかなり車での移動は疲れます。
おトイレや、水も1時間に一回くらいは休憩を取りたいですね。

 

でも、高速道路ならサービスエリアが大体1時間位毎にあるので休憩を取りやすいですが、
国道や、府道や県道なんかは道の駅がない限りは休憩が取りにくいですよね。

 

最近は、高速道路のサービスエリアも地道から入れる所も増えているので活用したいですね。

 

道の駅も充実しているので事前に調べて地元の特産物をお買い物するのも楽しいですよ。

 

もちろんワンちゃんや、猫ちゃんなどのペットも楽しめると思います。

 

ドッグランが併設の道の駅やサービスエリアも最近は増えましたよね。

 

温かくなってきてお出かけ日和になるとペットも脱水症状や熱中症にかかる場合があるので気にかけてあげてドライブを楽しんでくださいね。

 

ちなみに、我が家に来た2匹のワンコは車の移動も比較的余裕で楽しんでますが、休憩は小まめ取っています。

犬と一緒に泊まれる宿を探したいと思った時に!

こんにちは。

 

もうすぐ18歳になるオスの白いトイプードルを飼っているアラフォー会社員です。(あれから月日がたってお星様になりました。)

 

ちょっと前まで、夏休みとか温泉に旅行に行きたいなぁ〜と思っても、犬が泊まれないから諦める事が多かったです。
いつも通っている美容院がしているペットホテルに預けた事が有るのですが、1泊2日でもショックだったらしく、落ち込んで、落ち込んでしばらく大変でした。(~.~;
あれを経験してから旅行で温泉とか行きたいなぁ〜と思ったら、犬と泊まれる温泉宿を探すようになりました。

 

ですが、うちのワンコはしつけが今一つ。。。 無駄吠えがちょっと多くて悩みました。 内弁慶なんですよ。 出来るだけ他の犬と会わないように気を使って対応してました。 おトイレはしつけが出来ているのですが、マーキングをするのでゲージが必須でした。
という経験があって、是非ペット連れ旅行は前日までに色々と準備をしてください。

 

車や、人ごみに慣れていないなら慣れる事もワンちゃんのしつけになりますよ。ワンちゃんも楽しく飼い主さんも楽しい旅行になりますように!
後気をつける事は夏場なら熱中症や、脱水症状ですかね(^.^;
実際にうちのワンコは10歳を超えてから2回脱水症状で倒れました。ほんとにびっくりしましたし、今まだ元気なので良い思い出ですけど、当時はほんとに心配しました。
気をつけたいのはノミ・ダニ対策と狂犬病・予防接種の注射をきちんとする事です。

 

旅先でノミやダニがつく事もありますし、(^-^) フィラリアの薬必要ですよね。

犬と泊まれる宿,犬と泊まれるホテル,ランキング,コテージ,

万一に備えて旅先の動物病院を調べるのも必要だと思います。
ワンちゃんに迷子札
不意の疾走に備えてみ御札は旅行中ずっとつけておくのは必須
 楽しい旅行にするために是非
ペット連れの宿泊のルールを確認
予約を入れる時に事前に用意するものを確認する事
 宿によって予防接種証明書の提示が必要な場合もありますよ。
ペットのグルーミング
宿のお部屋や社内を汚さないように念入りのブラッシングは必須 
シャンプーは意外に疲れるので3〜4日前までにがおすすめです。
いつものご飯と食器を持参
旅先のご飯や食器が変わると食べないワンちゃんもいます。 
慣れているドッグフードやおやつ、食器は是非持参すると安心できます。

 

ワンちゃんの車酔いは大丈夫ですか? もし、ワンちゃんの車酔いが心配なら獣医さんに相談する方が良いですよ。 たいていの場合は慣れて治りますけど、長距離ドライブはワンちゃんにとっては苛酷なんですよ。
そうそう、トイレ、マットシートなど、普段ワンちゃんが慣れて使っているグッズは必須ですよ。犬は縄張り意識が強いので、自分の臭いが無い場所では居場所が有りません。不安に感じます。なので、においのついた人形や、タオルや、ゲージ等ワンちゃんが安心できる場所を確保できるようにしてくださいね。 
詳しくはこちらをクリック⇒【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集 にもありますので旅先を見つける時に一緒に確認してみてください。

 

もし、旅先でいつもの良い子で無かったら?を想定してください。
常にペットから目を離さない。ワンちゃんの行動や健康管理とマナーを厳守! 
きっと楽しい旅に一歩近づきますよ。 楽しい旅になりますように!